CPF-009 RCS RECS on CPF #WhoWannaRap? ;PROJECT Release information

追記;2015年7月9日より予約開始致しました!ご予約はこちらから!!

==================

CPF-009
RCS RECS on CPF,
#WhoWannaRap?

お世話になっております、CPF事務局です。
本日は、新プロジェクトのご報告をさせていただきます。

CPF第九弾は、
名古屋のRCSLUM RECORDINGS によるプロジェクト、
#WhoWannaRap?
をお届け致します。

プロジェクトの期間は、
2015年8月8日から同年12月30日のリリースパーティまでの約5ヶ月、
Menuは、
メインコンテンツにRCS RECSによるフルアルバム、
予約時お受け取りのMix CDは、RAMZA”A SUMMARY OF STRANGE LIFE”
期間中にDJ KPPとOWL BEATSによるMIX、
メンバーによるExclusive曲(3曲を予定)、
そして12.30に行われる当プロジェクトのリリースパーティを兼ねての”METHOD MOTEL”へのご招待、
を軸にお届け致します。
(予約期間内に随時情報も公開してまいります!)

プロジェクトの定員数は500名(online、店舗あわせての人数となります。)、
予約期間はonlineが7月9日0時よりdisk union onlineにて、
店舗予約は同日の営業開始より随時開始予定です。
プロジェクトスタートの8月8日までが予約期間となっておりますが、
上記人数に達し次第予約は締め切らせていただきますのでご注意下さい。

RCSRECSのプロジェクトとは?
このプロジェクトの参加メンバーは?
等につきましては、(この記事内にございます)彼らからのMenuをチェックしていただければと思いますが、
CPFがなぜこのタイミングでRCSとプロジェクトを行わせていただくことになったか、
なぜ彼らのCreativityをCPFとしてお届けしたいと思ったか、につきましては
RCSの主にInterviewを行い、そこでぜひ皆様へお伝えできればと思っております。
Interviewは予約期間の最終盤、8月あたまに公開予定ですので、ぜひお楽しみに!

これまでCPFは、
私たちが聴きたいアーティストにアルバムを作ってもらいそのリリースパーティでの同期でみんなで興奮したい、
というメインコンテンツを軸に、
そのアーティストのCreativityに関わる様々なコンテンツを期間内にお届けする、
というフォーマットを基本としてお届けして参りました。
今回の第九弾に至るまでに、そのフォーマット=パッケージの仕方はどうするのが最善なのか、
ということを皆様のおかげで考えることもできました。
今回のプロジェクトのCreator、”RCSRECS“は、
ぜひ上記のような”パッケージ”として体感いただいてこそ、その魅力をより楽しめると思っております。
ご参加、お待ち致しております。

2015年7月吉日
CPF事務局

cropped-rcs_cpf_15.7.3.png
cropped-190bd13b51699f3c083a7481cd18c262.png
rcs_cpf_15.7.3(3)

コメント投稿は締め切りました。